ロゴ
HOME>お役立ち情報>物流倉庫を活用!【バーコードで商品管理が出来る】

物流倉庫を活用!【バーコードで商品管理が出来る】

シャッター

流通に欠かせない

世の中の物の流れを物流とか流通と呼びます。流通業界の大きな仕組みを世の中に認識させたのがスーパーマーケットなどのチェーンストアタイプの商売です。お店には消費者に販売する商品を並べなければなりませんがこれらの商品をお店にデリバリーするのが物流網です。この物流網を構築するにあたり必要なものが物流倉庫です。物流倉庫で商品を管理しなければ流通網は成り立ちません。物を流通させる事において、物流倉庫は必要不可欠となっています。最近の物流倉庫は取り扱う商品が多様化した事に合わせて様々なニーズに応えたタイプの倉庫を用意しています。食品、特に生鮮や冷凍の物を扱う倉庫は冷凍庫やチルド倉庫など食品の保存に適した、きちんと温度や衛生管理を行う事が可能です。世の中の物流倉庫は流通の進化に伴い倉庫自体も進化をしています。

フォークリフト

システマックな倉庫

流通の進化に伴い物流倉庫も日々進歩しています。物流倉庫に入荷される商品には通常JANコードやITFコードといったバーコードが印字されています。最近ではパソコンやバーコードリーダーを駆使してこれらのコードの情報を活用して入荷してくる商品を管理している物流倉庫が多くなっています。バーコード管理が徹底されれば誤入荷や誤出荷を予防する事が出来ます。また、商品数の管理から商品の定位置化までを行う事が出来ます。システムによっては定数管理から受発注までも実施出来ます。流通業界において物流倉庫は必要不可欠となっています。物流倉庫の中には商品管理だけでなくピッキングからリパックそして製品作りまでも最近では行える倉庫も存在します。