ロゴ

トランクルームを契約するために!

様々な荷物を置くスペースとして利用出来るトランクルームですが、どのように契約出来るのでしょうか。契約の流れを調べてみたので、確かめてみると良いでしょう。

トランクルーム契約の流れについて

倉庫

連絡して見学の予約を入れる

ネットなどの情報を元に、トランクルームを借りる場所を選びます。そして、その場所に連絡して、トランクルームの広さや設備を確認するため、見学の予約を入れるようにしましょう。

契約手続きを行う

トランクルームの見学をして、必要な広さがあり欲しい設備が充実していたら契約手続きに移行します。受付する店舗にて、契約に必要な書類や印鑑を持参し、トランクルームの契約を行います。その場合、トランクルームの賃料を引き落とし出来るように、金融機関での審査があるようです。

利用を始める

金融機関での審査も通り、賃料の引き落としが可能になったら契約完了です。それから、トランクルームの利用が出来るようになります。一番早くて、連絡した1日目に利用開始出来ることもあるので、事前に契約書類を準備しておくといいでしょう。

一般家庭とオフィスでのトランクルーム利用の違い

トランクルームを利用するのに、家庭の場合とオフィスの場合だと、どのような違いがあるのでしょう。下記にて紹介しているので、読んでみてください。

トランクルームの利用理由とは?

家庭で利用する時

家庭でトランクルームを利用するのは、主に引越しや建て替えなどで、自宅にある荷物を置く場所が必要になる場合です。その際に家具や家電・衣類などを預ける所として、トランクルームを利用するのでしょう。また、季節の変わり目により、今まで使用していた家電の置き場がない場合も利用するようです。そして、思い出の品として大切だけど、大量にあるので家に置くスペースがない場合に、トランクルームを利用する家庭もあります。

オフィスで利用する時

オフィスなど仕事でトランクルームを利用する際は、主に机やイス・棚・オフィスにある家具などの資産を収納するのに利用されます。資産の替えとして購入して、トランクルームに置いておく場合があるようです。そして、大量の必要書類を置くのにもトランクルームを利用します。伝票や帳簿などの処分してはいけない書類を置くのに、トランクルームは利用されるようです。また、備品やイベントで使用するモノなどを置くのに利用するオフィスも少なくないでしょうね。

トランクルームの個人と法人での利用の違い│契約手続きの確認

倉庫

24時間利用可能なトランクルーム

トランクルームは基本的に1年中24時間荷物の出し入れが可能になります。それに、無料の専用駐車場を完備しているところもあるため、車やトラックで大きい荷物を運ぶ時に便利です。また、1ケ月だけの短期間の契約も可能で、仕事のイベント期間中のご利用も出来ますよ。そして、火災や盗難の際の保険もあるので、セキュリティー対策もバッチリでしょうね。